駒場祭企画 ~伝えたい人がいる君へ~


一日目

【概要】

 毎年11月に東京大学駒場キャンパスで開催される駒場祭において、Bizjapan初の学園祭企画として「コミュニケーション」に主眼をおいた講演会を主催した。駒場祭の期間が三日間であることに合わせ、コミュニケーションを「伝え方を知る」「自分を知る」「自分を伝える」の3ステップに分解し、一日ずつそれぞれのステップにおいてその道のプロである方々をゲストスピーカーにお呼びして講演を行っていただいた。

【日時】

 2014年11月22~24日

【会場】

 東京大学 駒場キャンパス

【内容】

11/22 STEP1「伝え方を知る。」

 東大生が“世界一受けたい授業”ーすべての答えは“笑い”の中にある

 ゲスト(敬称略・以下同):中山真 中原誠(株式会社WMcommons)

11/23 STEP2「自分を知る。」

 ”ヒトの心を理解する”インタビュー技術ー友達の本音、恋人の本音、あなたは知っていますか?

 ゲスト:北島大器 浅野高光(株式会社ラーニング・イニシアティブ)

11/24 STEP3「自分を伝える。」

 元電通マンが教える!入社倍率50倍をも軽々突破できる自己紹介術ー1分間であなたのとりこに

 ゲスト:植村智幸(株式会社アルト)

【参加者】

 91名

【後援】

 INTILAQ Tohoku Innovators Hub Project

         

【当日の様子】

 一日目は、「伝え方を知る」をテーマに講演を行って頂いた。登壇者は吉本総合芸能学院NSCの出身で現在は放送作家として活躍、2013年に株式会社WMcommonsを立ち上げると漫才式セミナー講師として、笑いを通じたコミュニケーション術の講演を各地で行っておられる中山真さん、中原誠さんの両名。当日もお二方の経験を活かし、お笑い芸人が実践しているコミュニケーションに必要な5つのことを「スマイル5」と題し、具体的な芸人の名前を交えつつ講演をして頂き、終始会場は笑いに包まれていた。参加者からも「新入社員研修等でもこのような内容をやればとても有意義であると思う」「わかりやすく、笑いが絶えないプレゼンだった」などの声が上がり、楽しくも中身の詰まった質の高い講演であったことがうかがえた。

 二日目は、「自分を知る」をテーマに講演を行って頂いた。登壇者は、学修成果の見える化モデルの提供など、特徴ある学修の開発を支援する株式会社ラーニング・イニシアティブの代表取締役の北島大器さんと、ディレクターの浅野高光さん両名。わかりやすいスライド、動画を用いながら、「人の本音はどこにある?」をサブテーマに、インタビューにおける相手の本音の引き出し方を伝授して頂いた。他人の心、自分ではわからない心の動きがあることの理解を通して、自分への理解が深まる。サッカーの香川選手や元AKB48の大島優子さんを題材に、人の言葉の裏に隠された本音を見るなど、例をたくさん挙げて下さり、オーディエンスも納得しやすい内容であった。

 三日目は、「自分を伝える」をテーマにをテーマに講演を行って頂いた。電通から独立し、数々のスタートアップ企業に携わりながら自身が創設した株式会社アルト代表取締役を務める植村智幸さん。具体的には、就活等で役立つ自己紹介のコツを教えて頂いた。映画のワンシーンやケネディ元アメリカ大統領の演説を見て、そこから自己発信のコツを探る。なぜ自分がその企業に入りたいか、というだけでなく、自分がいかにその企業を変える力になるか、というのをアピールすることが大切、というようなお話など、実用的ですぐ実践に移せるものであることから、参加者が真剣にメモを取る姿も見られた。講演会に参加した大学生は「面白く為になった、これからの就活に活かしたい」と話しており、満足な様子だった。