なぜGlobalなのか






グローバルという視点は、なぜBizjapanに必要なのでしょうか。
また、どのような形でグローバルという要素を取り入れているでしょうか。
我々が定義するEntrepreneurshipにおいては、「実践する」という段階に重きを置いています。「実践する」ために、
①より幅広い視野を持って社会課題を見出す
②より多様な視点とリソースを生かして実行に移す
ことが大切だと思っています。


我々が特に大事にしている「グローバル」の形としては、グローバルなバックグラウンドを持ったメンバーとともに活動していることです。Bizjapanには国内にいる留学生も所属し、メンバーとしてともにプロジェクトを始動し活動します。一緒に、メンバーとして議論を交わし、時にバックグラウンドの異なるメンバー同士で戸惑うことを乗り越え、最終的にイベントやプログラムを作り上げるという達成感はひとしおで、Bizjapanだからこそできる実践的な「グローバル」の姿だと思います。現在、定例ミーティングは基本的に英語で行われ、メンバーの留学生も積極的に議論に参加しています。


また、海外の学生団体とのパートナーシップとしての「グローバル」の形も、Bizjapanの特徴を生かしています。パートナーシップの内容としては、お互いの団体が主催する国際会議やイベントにメンバーを何名か派遣しあう、現地で開催するイベントへの集客に協力しあう、ともに国際イベントを企画・運営しあうといったことをしてきました。Bizjapanは、イベント・プログラムの型はメンバー次第で決めることができる・現地でイベントを開催することもいつでも可能という柔軟な特徴から、海外の学生団体とも長期的かつ互恵的な関係を築くことができると考えます。